ねりけしの使い方

はんこについたインクを落とすとき、
はんこの仕上げに鉛筆あとを消すとき、
はんこの汚れを落とすとき、
消しゴムはんこを楽しむのに“ねりけし”が活躍します。

ねりけしがなくてもはんこは楽しめますが、
ティッシュで拭くとケバがつくし、
ウェットティッシュで拭くと捺す面が濡れてしまうので
次のインクをつけるまで乾かさないといけなかったりします。

なので、ねりけしは持っておくと重宝します。

『消しゴムはんこ専用のねりけし』というのも売っていますが、
専用ねりけしも、
100均の小学生向けのファンシーなねりけしも
個人的には使用感が変わらない…
(違いのわからない残念人間015.gif)
なので私は100均ねりけしを愛用してます。


ねりけしの使い方は特にコツもないですが、
強いて言うなら「撫でず」に「押しつける」のがよいです。

こんなふうに↓ねりけしをのせて
c0214137_935716.jpg

(使い過ぎボロクソはんこ…)

ギュッと。
c0214137_935855.jpg


ギュッと押し付けると
はんこのミゾのインクやゴミもきれいに取れます。

撫でるのをおすすめしないのは、
摩擦で表面を痛めるのを防ぐため。
たまに彫り方がうまくいっていないと
彫った面がもげる可能性も…


ねりけしは「押しつけて」使うのがベスト!






[PR]
# by 83hanco | 2015-02-24 08:39 | はんこ生活 | Comments(0)

2015年年賀状

2015年の年賀状は、娘画のひつじをはんこにしました。

c0214137_209477.jpg


念願だった「子どものイラストはんこ」♪

子どもの絵のはんこって最高にかわいい!
はんこ彫りお仲間が何人かやっていたけど
どれもこれも大人じゃ出せない味わいに(●´艸`)


ひつじはんこに、
ひつじの角をイメージしたパンチで穴あけ、
パンチと同じかたちのはんこを作って模様捺ししました。

ひつじはんこは目立つように、
エンボスパウダーをふりかけて
トースターで熱を加えて
エンボス仕上げに。

c0214137_2091630.jpg


捺して、インクが乾く前にエンボスパウダーをふりかけ、
余分なパウダーを払い落として
1枚1枚トースターで数十秒加熱。

(2枚ほど焦がしてダメにしましたw)

エンボスパウダーは、これたぶん高校生のとき買ったもの・・・

c0214137_2091670.jpg


え?何年前?
こういうものって意外に平気なのね。。

ただの粉で水分がないものだから大丈夫なのかしら。
いずれにせよ我ながら相変わらずのものもちの良さです。





[PR]
# by 83hanco | 2015-01-28 19:59 | はんこ生活 | Comments(0)

新年

七草も過ぎて大変遅ればせながら…
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。


年末には恒例のお餅つき&その他もろもろ手作り大会。

c0214137_7592451.jpg

c0214137_7592551.jpg

c0214137_7592630.jpg

c0214137_7592616.jpg

c0214137_759276.jpg


作れないものはないみたいな人たちばかりの集まりで
年に1度の贅沢な野外炊事です。

子どもたちの成長を毎年感じられるのも
うれしいイベント。



そして年始は
元旦から発熱してしまい、
例年にない強制寝正月( ̄▽ ̄)

御節はしっかりいただきましたけどね!
自宅で1人さみしく、母の御節。

c0214137_7592926.jpg



これだけ毎年1人で作ってしまう母。
私にも同じように出来る日が来るかしら…



今年は娘が小学校入学で
子どもより親がドキドキしています。

c0214137_7592888.jpg




2015年もみなさまにとって
良い1年でありますように。
[PR]
# by 83hanco | 2015-01-12 07:48 | てづくりいろいろ | Comments(0)

ユニコーン

いつもはんこのご依頼をくださる、
娘が以前お世話になった先生の
そのまたお姉さまからのご依頼!

ポップなユニコーンのお名前はんこです。
c0214137_8483531.jpg


「ユニコーン」*小長サイズ(約3×4cm)
[PR]
# by 83hanco | 2014-11-27 08:46 | はんこサンプル | Comments(0)

函館おすすめスポット

はんこと関係ありませんが・・

先日、ダンナさん方のおばあちゃんに会いに、函館へいってきました。

函館は北海道を代表する観光スポットではありますが
北海道の最南端の先っぽで街自体はそう大きくはなく、
2泊3日もすれば観光名所を回りきれてしまう感じ、の印象。

c0214137_09093142.jpg

娘ははじめての函館ですが、
夫婦は一度訪れているのでだいたい名所はまわってしまっており。
百万ドルの夜景は見せたかったので函館山にのぼったのですが、
その帰り道にお願いしたタクシーの運転手さんにオススメされて、
最終日に「函館公園」へ行ってきました。


堂々たる名前をつけていて、さも広大な由緒ある観光名所かと思いきや、
なんともローカルで、ひっそりと、哀愁さえただよう公園。

ちいさな動物園(といっても牧場程度の規模)と
幼児向けの遊園地(といっても遊園地の一角にある幼児向けスペースの規模)と
噴水広場があります。

ツボでした。たまらんでした。

c0214137_09122842.jpg
こちら、日本最古の観覧車。


c0214137_09231991.jpg
木製です。まさしく木馬!
しかも最後は係のお姉さんの手動で止まりますww


c0214137_09230729.jpg
これなんか、下の木製の円盤が回るんですよ。
車両は動かないんですよ。
斬新・・・・・


c0214137_09232870.jpg
くまのいない檻の展示。
斬新ww



c0214137_09225608.jpg
噴水広場は空がひろくて気持ちいい〜


平日だったこともあったので(?!)貸し切り状態でした。


歩く速度で動く汽車とか、高さのない観覧車とか
ビビリの娘にこんなにマッチする遊園地があるか!という。
近所にこんなところあったらいいのに!!

古いもの好きな夫婦も、娘も、家族でたいへん気に入りました。


以上、我が家的函館イチオシスポットのご紹介でした。





[PR]
# by 83hanco | 2014-11-11 09:23 | つれづれ | Comments(0)